患者さんと信頼関係を築くには・・・?

患者さんと信頼関係を築くには第一印象が大切

「第一印象」も大切なポイント!

「第一印象」も大切なポイント!

看護師が患者さんに信頼されるためには、「第一印象」が大切になります。患者さんの心をつかむための医療施設の外観の整え方、看護師の身だしなみについての情報を紹介しますので参考にしてください。

LINEで送る

病院に入る前に印象が決まる

病院に入る前に印象が決まる 患者さんは病院を訪れた時、外観を見て、病院に対する第一印象を決めてしまいます。病院内で看護師が親切にしてくれたとしても、外観を見た時の第一印象が消える事はありません。病院の大きさを見て病院の規模を推し量り、病院の設計を見て病院のコンセプトをイメージします。また病院の周辺の掃除の具合を見て、中で働いている看護師や職員、医師の意識の高さを推し量ります。花や観葉植物が豊富できちんと管理されている場合は、自分も大切にされそうだと感じるかもしれません。枯れた花が放置されていると、自分も雑に扱われそうだと不安になります。仮に感じた事をハッキリ意識していなくても、潜在意識が病院の第一印象を決めています。第一印象を良くするため、病院など医療施設の外観に気を配るようにしましょう。

病院の入口の印象が大切

病院の入口の印象が大切

病院の印象を決める時に、特に重要なのが「病院の入口」です。最近はガラス張りの解放感がある入口の病院が多くなっています。患者さんは外からでも病院の中の様子をうかがう事は十分に可能です。受付の人の反応を見て、看護師を含む職員全体のやる気をイメージしたり、患者さんの表情を見て、自分がどのような処置をされるのかをイメージします。もし病院に「冷たい印象」を持ってしまえば、病院の中に入った後も緊張が抜けません。診察を受けている時も、入院して病室のベッドに寝ている時も、緊張感が抜け切れません。看護師がどれだけ親切に接しても、入り口で受けるイメージを全て消し去る事はできません。病院の入口周辺の掃除や、病院の顔になる受付担当者の印象がとても大切な事が分かります。

清潔感のある身だしなみを心掛けましょう

清潔感のある身だしなみを心掛けましょう

患者さんに良い第一印象を与えるためには、医療施設にいるすべての職員の明るい対応と清潔な身だしなみが大切になります。特にクリーンな印象を持ってもらうために看護師の身だしなみは重要になります。患者さんは看護師と出会った瞬間に身だしなみから人柄、仕事の実力を想像します。第一印象が悪いと後で挽回する事は難しいです。髪型や髪の色を決める時、メイクをする時も、清潔感を大切にする事を意識しましょう。また患者さんは看護師の指先にも注目しています。短く切りそろえられていて、汚れのない清潔感のある指先になっているか確認しましょう。

一般的に「第一印象は5秒で決まる」と言われています。つまり入室した最初の挨拶で、患者さんがあなたに関するイメージをもつ可能性が高いのです。円滑な治療のためにも、始めの挨拶時にどんな対応をするのかが重要です。

引用:ナースときどき女子

「看護のお仕事」に、看護師の第一印象を良くする挨拶の仕方や身だしなみに関する情報が掲載されていますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。患者さんと良い関係を築くためには、「第一印象」がとても大切になります。病院の外観や、病院の入口周辺の様子、また看護師の身だしなみを見て、患者さんは様々なイメージを持ちます。悪い印象を持たれないように、第一印象を大切にしましょう。

ナースときどき女子

看護師向けメディア「ナースときどき女子」

患者さんとの関わり方に悩んでいる看護師におすすめ!

  • 患者さんからのクレーム事例と対応法 患者さんからのクレーム事例と対応法
    クレーム対応には誠意が必要不可欠!

    患者さんのクレームには2種類あり、「問題を解決して欲しいケース」と「気持ちを理解して欲しいケース」があります。クレームの種類を見極めて、ケースごとの対処法を実践しましょう。中には職場環境を良くするためのヒントが含まれている事もあります。また患者さんの話をじっくり聞いてあげるだけで、問題が解消する事もあります。どちらにせよ看護師の「誠意」のある態度が大切になります。正しいクレーム対応をして問題を大きくしないようにしましょう。

  • 患者さんと良い信頼関係を築く方法 患者さんと良い信頼関係を築く方法
    言葉遣いに注意しよう

    不安な気持ちを持って病院を訪れる患者さんに対して、正しい言葉遣いで安心感を与えましょう。「敬語」をきちんと使えるようになると、患者さんから信頼されやすくなります。敬語には「丁寧語」「謙譲語」「尊敬語」の3種類ありますが、看護師が患者さんに話しかける時は「丁寧語」を基本にしましょう。語尾に「です」「ます」をつけて、患者さんへの敬意を言葉で伝えましょう。看護師が良く使う敬語は定型文として覚えると便利です。

信頼関係を築くコツ!

看護師が患者さんとの信頼関係を築く上で役立つアドバイスを紹介するサイトです。 【MAIL】